鷗友学園女子中学(以下鷗友)の入試問題について書かせていただきます。
これまでの記事もご参考くださいませ。

鷗友学園女子中学 学校説明会 その1 席替え

鷗友学園女子中学 学校説明会 その2 運動会①

鷗友学園女子中学 学校説明会 その3 運動会②

だいたいどこの中学でも同じですが、学校説明会の時に過去問を購入することができます。
鷗友と並んで大人気校の吉祥女子中学などは丁寧な解説までもらえます。


鷗友の入試問題は、新女子御三家と呼ばれる、
豊島岡女子中
吉祥女子中

鷗友と偏差値的にも並ぶ、
洗足女子中

などとは傾向が異なります。


記述がほとんどなんですよね。
うちの娘も模試で記述をめんどくさがり空欄で出していたことがありますので、何でもいいから書くように指導しましたが…。


校長先生によると、
自分の頭でしっかり考えて、自分の言葉で表現する力をみたい、これからつけてもらいたいという思いから記述重視になっているそうです。


その学校の入試問題には、学校側の思いがこもっているとよく言われますが、
鷗友の考え方は素晴らしいと思います。


後の早稲田アカデミーの保護者会で早稲田アカの先生が鷗友の入試問題解答用紙を見せて説明していました。


鷗友の解答用紙の体裁って、東大の解答用紙と似ているんですよね。
早稲田アカの先生いわく、東大の入試を意識しているとのことでした。


確かに2016年度入試でも、
東大9名
一橋10名
など見事な進学実績をたたき出しています。


鷗友の進路指導は御三家中に比べれば力を入れていますので、
今後も伸びていくのではないかと思います。





中学校受験ランキング
にほんブログ村