早稲田アカデミーの夏合宿 小6 私国立中コースがいよいよ今日から始まります。
四谷大塚の合不合判定テスト結果と早稲田アカデミー夏合宿の関係については下記の記事をご覧くださいませ↓

第2回 合不合判定テスト 7月8日(日)と夏期合宿 四谷大塚


早稲田アカデミーは体育会系の塾であることはご存知の方も多いと思います。


娘も小5、小6と参加しました。
小5の時もですが、やはり今年受験生の小6の夏合宿はめちゃくちゃ熱いそうです。


子どもたちはバスで志賀高原や苗場まで行きます。
到着後、体育館のような場所に集められ開校式をやります。
そこまではバスでみんなで楽しく遠足気分に近い感じでいます。


開校式で注意事項や先生からの熱いメッセージがありだんだんボルテージが上がって行きます。


そして開校式の最後に早稲アカ名物のシュプレヒコールをやります。


「本気で勉強するぞー!」

とか

「最高の合宿にするぞー!」

とかです。


娘から聞いたのですが、
シュプレヒコール担当の先生がまず、

「本気で勉強するぞー!」

と声を出すと、子どもたちはまわりも気になりますし、最初は恥ずかしくて、小さい声で、

「本気で勉強するぞ〜」

と言ったそうです。


その瞬間、横にいた早稲アカの中でも偉い先生が、

「ちょっと待て待てー!」

と割って入り、シュプレヒコール担当の先生に向かって、

「おい◯◯!(←先生の名前)そんな小さな声で本気で勉強できるのかよ!」

と激怒りするそうです。


シュプレヒコール担当の先生が偉い先生に激怒りされているのを見て、子どもたちは震え上がります。


そして次のシュプレヒコールでは、全員、

「本気で勉強するぞー!」


と大声で真剣に叫んだそうです。


早稲アカの先生いわく、
夏合宿は必ず「怒り係」と「怒られ係」の先生がいるそうです。


ある程度、子どもたちを本気モードにさせる演技というかシナリオにはなっているようです。


体育会系のやり方に賛否両論あると思いますが、私たちはこのやり方は好きなのと娘にも合っていたとは思います。


早稲アカの夏合宿動画を観ると今でも涙が出てきます。
今日もena(公立中高一貫校向けの塾)のラベルが付いているリュックを背負って歩いている受験生を見かけましたが、周りの子が遊んでいる中本当にがんばっていて偉いなと思いました。


あと半年ちょっとがんばれば、楽しい中高生活が待っていますので今は大変だけどがんばってほしいと思いました。


ポチをしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング