生物班では1日2回、カエルの解剖の実演をします。


マグノリア祭でも生物班の展示部門は何回も来ていますが、生物班のカエルの解剖はまだ見たことありませんでした。
時間がちょうど空いていてしかも比較的空いていたので初めてカエルの解剖実演に参加できました。
ちなみにプチ情報ですが、カエルの解剖は鷗友学園女子中学では全員が授業で行うそうです。


生物室の2か所で行われていて、
私が見たのは中学2年生と3年生が行うカエルの解剖実演でした。


一言「しっかりしてるなあ」という感想でした。
一人がカエルをさばいて一人が説明すのですが、説明はわかりやすく、
何しろ堂々としているのがすごいと思いました。


受験生が最前席でかぶりつくように見ているのですが、
その子たちにもシャシーに入れた内蔵を近くで見せながらわかりやすく解説してくれていました。


女子学院を目指す受験生でしかも最前席にくるような子たちはもともと積極的な子たちで、
色々質問したり、「毛細血管」とか「胆管」とかのこともよく知っていて、
説明しているJG生にも「すごいよく勉強してるね」などと言われていました。


合間にJGの理科の授業についても話をしてくれて、
「実験が多い」「レポートが多い」などの情報には親御さんまでも食い入るように聞いていました。
私には無理だなと思わされるような立派なプレゼンでした。


その他の班や学年・クラスの展示も見ましたが、ディズニーリゾートと同じで、
2日間ですべての展示や公演を観ることは不可能なので、行きたい班の展示や公演をしぼって効率的に
まわらないといけないなと思いました。
                                    


ポチっとしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング