10月15日(日)は第4回合不合判定テストですね。


娘が受験生当時の第4回合不合判定テストの結果を見返しますと、


偏差値  68.1
女子学院合格可能性 75%
豊島岡合格可能性 70%
女子順位  142位
                           

この第4回合不合判定テストが終わって、
はじめて「もしかしたら女子学院行けるかも」
という気持ちになってきました。


しかし、
偏差値の内訳を見ると、
算数69
国語58
といつもの得意不得意科目が逆転しています。
いつもは不得意な算数を得意な国語と理科で引っ張るという感じでした。


今回はたまたま算数が良かったものの、
もし算数がいつも通りの偏差値50後半から60前半で国語が今回のようにふるわなかったら結果はまったく変わってきます。


親にとっては、どこまでいっても安心できることなんて無いんですよね。


娘が小4と小5の同じ時期(10月)の組分けテストは次のような結果でした。

小4
偏差値55

小5
偏差値57


この頃は「塾に入ったけどいつまでたっても御三家なんか見えてこないなあ」と思っていました。
でも不思議と御三家中に行くという旗はおろしていませんでした。
文化祭や学校説明会も偏差値50台前半の学校から御三家中までまんべんなく行っていました。


この「旗をおろさない」「諦めない」ことが重要だと思えることはまた記事にいたしますが、
受験が終わって思い返しますと、
娘は小5の2学期に成績が下がり年末の組分けテストで下のクラスに落ちたことが、
6年生になって伸びることができた要因だったなと思います。


そのあたりのこともまた書かせていただきます。


ポチっとしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング