中学受験 偏差値40台から女子学院逆転合格

偏差値40台から御三家中に逆転合格した体験談を書かせていただきます。 その他現在の学校の様子なども随時記事にしていきます。 中学受験を控えるご家族に何か参考になればうれしいです。

中学受験をした理由

中学受験をさせようとした理由 その3 高学歴になる方法を聞いた③

「高学歴になる方法を聞いた」の続きです。
それまでの経緯については下記の記事をご覧くださいませ↓    

中学受験をさせようとした理由 その1 辛かった就職活動

中学受験をさせようとした理由 その2 学歴コンプレックス

中学受験をさせようとした理由 その3 高学歴になる方法を聞いた①

中学受験をさせようとした理由 その3 高学歴になる方法を聞いた②


有名大学に進んだ社員たちの経歴は、

①私立中学に通っていた
②公文をやっていた
③小4から塾に通っていた
 


ということがわかりました。
①②は過去記事の通りで、今回は③について書かせていただきます。


過去記事に登場する高学歴社員が通っていた塾ですが、
「開成中高→東大」の社員は「日能研」
「海城中高→一橋大」の社員は「四谷大塚」
でした。


「なるほどそんな塾聞いたことあるな」


当時の私は学習塾についてこの程度の知識でした。
日能研は通勤電車の中吊り広告で「シカクいアタマをマルくする」
でよく見ていたので知っていました。
中吊り広告では実際に中学受験で出題された問題が載っていますが、いつもさっぱりわからず「すごいなこんな問題を小学生が解くんだ」と思っていたものです(いや今でも思っています(-_-;))。
四谷大塚は名前だけ聞いたことある程度でした。


我々の年代(40代)で中学受験を経験している人にとっては四谷大塚は超有名で、サピックスが台頭してくるまでは「四谷大塚」か「日能研」かといった状況だったそうですね。


東大出身社員が教えてくれました。
「日能研の授業って面白いんですよ」
「テストの成績によって席替えをしたりしてゲーム感覚で楽しめるんです」


「へえ、私が小学生の時に特に受験に関係なく通っていた学習塾はただ先生が怖かったのと退屈でしかありませんでしたが日能研は楽しいんだ」


東大卒の社員は
ゲーム感覚で楽しんでいたら成績も上がって開成中学に合格したそうです。
そして過去記事の通り、開成では平均点を取っていれば東大なのでそのまま東大へ。
東大生は就職先は苦労しませんのでそのまま金融機関のトップ企業へ。
そこに就職することが必ずしも人生における成功ではありませんが、
一般的には高属性であり、結婚相手としても高物件であると言えるかと思います。


「なるほど、日能研とか四谷大塚に行けば楽しんで成績アップできるんだ」
「よし、うちもこの作戦で私立中学に行かせよう」
と決めました。


まとめますと、
低学年で公文をやりアドバンテージを取る。
小4から日能研や四谷大塚などの学習塾へ行き私立中へ。


この高学歴者の経歴をまるパクリし何とか第一志望校に入るところまでたどり着きました。
大学受験は子ども自身の判断になりますので親としてはアレコレ口は出せませんが、少しずつ研究は進めて行きたいと思います。


まるパクリスキームでやることが決まった後、塾選びとなりました。
そのことについては下記の記事をご覧くださいませ↓

中学受験をさせようとした理由 その3 高学歴になる方法を聞いた②

「高学歴になる方法を聞いた」の続きです。
それまでの経緯については下記の記事をご覧くださいませ↓

中学受験をさせようとした理由 その1 辛かった就職活動

中学受験をさせようとした理由 その2 学歴コンプレックス

中学受験をさせようとした理由 その3 高学歴になる方法を聞いた①


前回の「高学歴者は私立中に通っていた」という記事の東大卒の社員は開成中学、開成高校出身でした。


ちなみに一橋大出身の社員は、海城中学、海城高校出身です。


さて、それでは次は私立中に行くためにはどうしたらよいかということになります。
そこでもう一つのキーとなるのが「公文」でした。


驚きました。
東大、京大、一橋大、早稲田大政治経済の社員が公文経験者でした。
早稲田大政治経済卒の社員がいいことを教えてくれました。
それは、

1.アドバンテージ
2.勉強をする習慣

です。


1.アドバンテージ
まず公文をやると、同学年の子よりも勉強が先に進みます。
よほど問題なければ小1であれば小2の単元を勉強するくらい先に進んで行きます。すごい子は小6で公文の最終教材である高3(微分積分など)まで進んでしまう子もいるくらいです。

この先に進むことが「自分は他の子よりもできる」という自信に繋がるそうです。
このアドバンテージ感が何をやるにも「できない」ではなく「やればできるはず」と前向きに考えられるようになるとのこと。


2.勉強をする習慣
公文は毎日10分から30分くらいでできる量の宿題が出ます。
難問ではなくちょうど解けるくらいのレベルの問題です。

この程度であればそれほど苦ではありません。
サッと宿題を終えてから遊びに行く感じです。

この一日少しずつ勉強をするという習慣が身につくことが大きいそうです。
まあ確かに4年生になっていきなり「さあ受験勉強だ!」と言っても急に受験生モードに入るのは難しいので、受験勉強への助走をつけるとい意味では毎日やる公文はいいなあと思いました。


これらの話を聞いて「そうなのか、何で私の親は私を公文に通わせなかったんだ」と思いましたが、
今さら自分のことを後悔しても仕方がありませんので、娘が小1になったら公文に入れようと決意しました。


「高学歴者は小4から塾に通っていた」については次の記事で書かせていただきます。

ポチしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング

中学受験をさせようとした理由 その3 高学歴になる方法を聞いた①

私が娘に中学受験をさせようとした理由に、自分の辛かった就職活動や出向先での学歴格差などがありました。
そのあたりについては過去の記事をご覧くださいませ。

中学受験をさせようとした理由 その1 辛かった就職活動

中学受験をさせようとした理由 その2 学歴コンプレックス


出向先である金融機関のリーディングカンパニーには、
東大
京大
北海道大
一橋大
早稲田大政治経済
等の高学歴者がたくさんいました。


そこでMARCH出身の私がずうずうしくも彼らにヒアリングをしてみました。
何歳から何をやってきたらそのような大学に入れるのか?
私の場合はすでに中学時代で東大に行くことは諦めるようなまわりの環境にいましたので興味がありました。


そこでわかったことは、
①私立中学に通っていた
②公文をやっていた
③小4から塾に通っていた

ということでした。


何回かに分けてご説明します。まずは、

①私立中学に通っていた

特に20代の若い社員たちですが、ほぼ私立中学に通っていました。
例えば、東大卒社員の出身学校は開成中学・開成高校です(((( ;゚д゚)))

その彼は言いました、
「開成の場合、平均点以上取っていれば東大に行くんですよ」

ひゃー、開成だと東大が当たり前なんだ。
インベスターゼットに出てくる「道塾学園」みたいですね。



中学高校で学校の勉強について行きさえすれば自然に早慶以上へ行く流れに乗れるわけなんですね。
私の出身学校などはまわりが目指さないものだから、みんな人生諦めの選択をしていました。
中でも自分を律してがんばってよい大学に進んでいく生徒もいましたが、
やっぱり中学高校生あたりだと周りに流されやすいので、そういった自然に全員が目指す環境があるというのはいいなあと思いました。


彼は東大出身者ですが、気さくで普通のよい男です。
「こんな普通な感じの子でも東大に行けるんだ、そして東大にいけばリクルーターに引っ張ってもらって簡単に金融機関のトップ企業に入れるんだ」


という経験が私に自信を持たせてくれました。
②公文をやっていた
③小4から塾に通っていた
については、次以降の記事でお話しさせていただきます。


ポチをしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング

中学受験をさせようとした理由 その2 学歴コンプレックス

私が子どもに中学受験をさせようとした理由に自分の辛かった就職活動体験があります。


そのことは「その1」で書かせていただきましたのでこちらもご参照ください。
中学受験をさせようとした理由 その1 辛かった就職活動   


その他の理由としては、その1と繋がりますが「学歴コンプレックス」があります。


私は中堅金融機関勤務ですが娘がまだ小学校入学前に同じ業界の最大手の企業へ出向していました。


さすが業界のリーディングカンパニー。
いるわいるわ周りは高学歴だらけです。


私のすぐそばに、
東大
京大
一橋大
大阪大
北海道大
一橋大
早稲田大政治経済


出身の人たちが働いています。
私の勤務する中堅金融機関は大多数がMARCH(明治、青山、立教、中央、法政)以下です。
数えられるほどですが国公立出身者もいます。
しかし我が社の国公立出身者は悲しいかな、逆に「ちょっと人として問題があるから中堅金融機関になっちゃった」みたいなキワモノっぽい人たちばかりです。


リーディングカンパニーの上記高学歴者
たちは、やはりベースがあるので何事もきちんとこなします。


一緒に働いてみてわかったこと。


①就職はルートが決まっている
この高学歴者たち、どうやってリーディングカンパニーに就職したかなのですが…
リクルーターに引っ張ってもらってシードで一気に管理職クラス面接まで行っていたのです。
我々下々の学校は書類審査、集団面接、平社員面接、管理職面接、役員面接と予選からボロボロになりながら進んでいきますが、彼らは一足飛びに管理職面接まで行けてしまうのです。
例えて言うなら「我々がこだまで名古屋まで3時間くらいかけて行っている間に高学歴者たちはのぞみで1時間半で名古屋に着いていた」という感じです。


なるほど、学歴はこういったところで役に立っているのだとわかりました。
確かに短い面接でその人物の全てがわからないまま訳のわからない人を採用してしまうより、信頼のおける後輩が引っ張ってくる人物の方がカタイとは思います。


②高学歴の人も普通の人
私は悲しいかな今までの人生で東大出身者と接する機会はありませんでした。
接したこともないくせに「どうせ東大の人は変なのも多いんだ、だって天才とバカは紙一重というじゃない」みたいな今思えば切ない言い訳をしてなんとか自尊心を維持していました。


この高学歴者たちと一緒に働く機会が結果的に私の人生に大きな影響をおよぼしてくれました。


高学歴者たちはベースがしっかりしているので「おいおいおい」みたいなダメな仕事はしません。
ただめちゃくちゃ仕事ができるかというとそうでもありませんでした。


例えば営業系となると理屈も大事ですがセンスも必要です。
そのあたりは私の方が勝っていたりしました。


私の理論的でも緻密でもない感覚的な仕事ぶりも結果が出ればそれなりに評価してもらえました。


ある時、営業の優績者を集めて温泉旅館で宴会芸を披露するイベントがありました。
若手の高学歴者たちは何をやろうか悩み、なんと私に相談してきました。


その分野は得意分野でしたので、当時流行っていたマツケンサンバやDJオズマのパロディをやろうと一緒に練習をしました。


MARCHの私が東大、一橋大、北海道大、早稲田大政治経済の若手たちにダンス指導や顔をドウランで真っ白に塗るなどの指導をしたのです。
宴会芸もクオリティが高いものに仕上がり大成功に終わりました。


こういった経験を経て、
東大の人も普通の人じゃん(下ネタも言うしスピーチとかそれほど上手くないなど)
と東大などがぐっと身近に感じられるようになり、宴会芸というしょうもないことがきっかけですが、自分も学歴は大敗してるけど仕事は負けてないなと自信が持てるようになりました。


まとめますと、

東大などが身近に感じられ、やり方次第では自分の子どもにも高学歴という特急券を持たせることができるのではないか

この学歴という特急券は持つに越したことはないのでは


と思うようになりました。
そこでどうやったらそういったそうそうたる学校に行けるのか図々しくも彼らに質問をしました。


そこで聞くことができたコツを次回書かせていただきます。

中学校受験ランキング
にほんブログ村

中学受験をさせようとした理由 その1 辛かった就職活動

私が娘に中学受験をさせようとした理由はいくつかあります。
それを少しずつお話ししていきたいと思います。


【辛かった就職活動】
私の就職活動はいわゆる就職氷河期の最初の頃(2000年少し前)でした。
私の通っていた大学はMARCHの文系です。


私はミーハーなので大手志向で、総合商社、テレビ局、メガバンク、生命保険、損害保険などをかたっぱしから受けていきました。


就職活動を進めていく中で気づきました。
「MARCHでは大手企業に入るのは難しい」と…。


1番衝撃的だったのは、某大手保険会社のOB訪問をした時でした。
OBから言われたのは「うちの会社にうちの大学から入るならば帰国子女か体育会でないと無理だね」というお話でした。


私はそもそもこの会社には入れなかったんだ(めちゃくちゃ優秀なら面接を勝ち進むこともできるのでしょうけど)ということでした。


よくよく所属サークルのOB名簿を見てみても先輩方が就職している企業で1番有名なところで、朝日生命(中堅)、シャープ(中堅)などで業界のリーディングカンパニーに就職している先輩は皆無でした。


そこでサークルで付き合いのあった早稲田大学のOB名簿をもらい(当時はそんなことができたんです)OB訪問をしてみることにしました。


早稲田大学の名簿にはあるある、名だたる企業が。
パナソニック、伊藤忠商事、東京電力などなど。


そこで東京電力の先輩にOB訪問をさせてもらいました。
そこでも衝撃の一言、
「うちは極めて官僚的な会社です。就職したいなら何らかのコネクションがないと入れません」


「何だ、新卒者を募集してるけどそれは表向きの姿で実際はコネしか取ってなかったんだ」


今となっては「大手企業が絶対にいい」などとは微塵も思っていません。
ただ福利厚生が充実していたり、優秀な人物に出会う可能性が高い、普通にやれば年収1000万を超えられる、ということでは中小企業より大手企業の方が良いのは確かです。


何十社も落とされると人格を全否定されているようでメンタル的にも相当きつかったです。
「何で親はもっと勉強させていい大学に行かせようとしなかったんだ」と自分のことを棚に上げて親のせいにするどうしようもない状況でした。


何とか最後に中堅金融機関から内定をもらったのですが、就職を前にして初めて学歴の大事さを知ったという状況でした。
これは後々私が採用の面接官をした時にも「まだまだ日本は学歴偏重なんだなあ」という経験をしましたのでそちらもおいおいお話しさせていただきます。


まとめますと、
「少なくとも早慶以上の大学を卒業していないと社会人になる時に早慶以上の学生と同じ土俵に乗れないんだ」ということを嫌というほど味わった経験が娘を中学受験させようというモチベーションに繋がっているというお話でした。

中学校受験ランキング
にほんブログ村
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

中学受験パパ

  • ライブドアブログ