中学受験 偏差値40台から女子学院逆転合格

偏差値40台から御三家中に逆転合格した体験談を書かせていただきます。 その他現在の学校の様子なども随時記事にしていきます。 中学受験を控えるご家族に何か参考になればうれしいです。

女子学院

桜蔭生とJG生の違い

塾で桜蔭を目指していた生徒と女子学院を目指していた生徒を見ていたり、
女子学院の保護者会で保護者から聞く娘さんたちの様子だったり、

などから何となく感じた桜蔭生とJG生の違いについて少し。


桜蔭生
目の前に算数(今は数学)の難しい問題があったら「何としてでも私が解いてやる」とストイックに問題に向き合い続ける。


JG生
解けなそうな難しい問題は飛ばして他の解ける問題をさっさとやる。
もしくは他の自分の興味のあることを楽しむ。


もちろん桜蔭にさっさとこなす方を優先するタイプの生徒もいるでしょうし女子学院にも果敢に難問に取り組むタイプの生徒もいますが、JG生はどちらかというと短時間で合理的にこなす方を優先というか合理的に乗り切ることが上手な子が多いような気がします。


これは両校の入試問題にも傾向が表れていますよね。


前の記事にも書かせていただきましたが、

桜蔭は
難解少問(超難問が出題されるが全体の問題数は少ない)

女子学院は
平易多問(超難問は無いが問題数がすごい多い)


桜蔭は難問に果敢にチャレンジして解ききるタイプの生徒

女子学院はスピード感を持って物事を合理的に処理するタイプの生徒


が欲しいということだと思います。


卒業生を見ても、
桜蔭は研究者が多い(物事を極めたい)
女子学院は様々な分野のパイオニアが多い(現状にとらわれず好奇心のおもむくままに進む)


ということで両校の生徒の気質がよく表れているなと思います。


御三家といっても校風や生徒のキャラクターはまったく違うのが年を追うごとにわかってきました。
ですから、サンデーショック(サンデーチャンス)の年に桜蔭と女子学院を両方受けられるといっても本当に子どもがどちらのタイプなのかをよく見極めてその子に合った学校の方に集中する方がいいのだろうなあと今さらながら思いました。


実際雙葉に行って合わずに高校から転校した子などもいますので、しつこいようですが学校選びは直接出向いて決めるのがよいと思います。

                           

ポチっとしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング




女子学院の日 入試本番体験講座 11月23日

明日11月23日は早稲田アカデミー主催の「女子学院の日 入試本番体験講座」ですね。


ご存知の方も多いですが、
◯本番と同じ時間で
◯本番と同じ科目順で
◯本番予想問題で(試験用紙の大きさも同じ)
◯本番と同じ5人1組の模擬面接
をやるんですよね。


早稲アカはサピックスのように優秀層を育てていくというより、
優秀ではないけれど本気でがんばる子を引っ張り上げるタイプの塾ですので、
そのような子が本番で緊張して力が発揮できないということがないように何度もそっくりテストを行なって慣れさせているのだと思います。


この講座のもう一つの良いところは、
N N女子学院クラス卒の現役JG生が来て懇談会をやることだと思います。


 JG生が受験生たちを激励します。
「不得意科目はこんなふうに克服した」
「一度も N N3組以上には上がれなかったけど合格できた」
など生の声が聞けます。
購買で女子学院グッズ(ロゴ入りシャーペンなど)を買ってきてじゃんけん大会でプレゼントしてくれたりするJG生もいます。


もちろん懇談会は受験生しか参加できませんが、
面接待合室である大会場での懇談会は、面接の終了を待つ親たちが廊下から中の様子を見ることができるので私も見ていました。


ハキハキハツラツとしている現役JG生の姿は子どもにとっても「先輩みたいになりたい」とモチベーションアップになると思います。


派手な格好の子もいれば地味な子もいます。
趣味も目立つ系からオタク系まで多様です。
どんな子でも活き活きと学校生活を送れているのは個性を認める女子学院の教えがあるからなのだと思います。


ちょっと個性が強いというか気が強い子が多いような気もしますが…
良妻賢母とは真逆にある校風ですが、これからはそのくらいの方がよいのではとも思います。


受験予定のご家庭はお嬢さんに懇談会でJG生に質問してみるようすすめるとよいと思います。
きっと明るく楽しそうにアドバイスしてくれると思います。


ポチっとしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング




女子学院のハロウィン

今日はハロウィンですね。
JG生はこの日を楽しみにいろいろ準備をしているようです。


自由な校風で制服のない学校ならではと思いますので女子学院のハロウィンをご紹介させていただきます。


女子学院では毎朝礼拝が行われていますが、
本日は宗教改革記念日ということで厳かに(娘曰く普通に)行われるそうです。


宗教改革記念日はプロテスタント教会では大切な日で(女子学院はプロテスタント系)このことは聖書の授業でもしっかり学ぶそうです。



そして、いつもの通り授業が始まり…



お昼にお弁当を食べて…




そこからがすごいみたいです。



おのおの用意してきた衣装に着替えて中庭に集まったり各教室に出向いて記念写真やビデオを撮ります。


巫女さん
ディズニー系
ユニバーサル系
マリオ系
オタク系アニメのキャラ
かわいい系の着ぐるみ


など自分の好きなキャラになって大騒ぎになるそうです。


女子学院では校内でスマホの利用は禁止されていますのでコンパクトカメラやビデオで撮影します。
あとでスマホに転送してみんなで楽しんでいるようです。


女子学院は部活では上下関係がはっきりしていて先輩に声をかけるのはおそれおおい雰囲気みたいですが、
ハロウィンはどうも後輩としては憧れの先輩と一緒に写真に写れるよい機会らしく、
憧れの先輩を探して歩くようなこともあるようです。


そして昼休みが終わると…




そのままの格好で授業を受けているそうです。
先生も特に何も言わないところが面白いと思います。
あくまでも個人の考え、個人の責任ということで、
やることをしっかりやっていれば先生が服装にとやかく言ったりはしないんですね。


朝の礼拝では神妙にお祈りし、
昼休みになると一気にはじけるこの感じ、メリハリがあって私は好きです。

   

ポチっとしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング




女子学院 文化祭 マグノリア祭 2017 その5 文化祭実行委員

マグノリア祭は文化祭実行委員の生徒が仕切っています。
通称「文実」といいます。


文実の生徒にも是非着目してもらいたいです。
文実の生徒はハッピを着ていたり腕章をつけています。
文実の生徒の仕切り具合といったら見事です。


入場口のパンフレット配布、講堂の入退場などで大きな声で場内整備をしているだけでなく、
校内をパトロールしてくれています。
7日も火災報知機の誤作動がありましたが冷静に対応して事なきを得ました。
また、望遠カメラを持った怪しげな入場者も先生と協力して退場してもらったりしたようです。


中一~高二の生徒で組織され、娘に言わせると高二のリーダー学年は圧倒的に「すごい・かっこいい・こわい」そうです。
確かに、高二生が中一生にアドバイス・指示をしているシーンを見かけました。
中一生は「はい!はい!」と元気に受け答えしていて、すごい上下関係と団結力だなあと思いました。


中一の文実生に聞きました。



「あの~、男性が使えるトイレはどちらでしょうか?」


文実生
すぐにポシェットからパンフレットを出して
「はい、ここから一番近い男性トイレは〇館の×階になります」
「ご案内します!」



「いえいえ(汗) 自分で行きますので大丈夫です。ありがとうございます」


中一生がよくわからないおじさんにきちんと対応してくれて「大したものだ」と感心しました。


急いで書いているので、文実についてはまた書きたいと思いますが、
パンフレット作製、出店のチェック、公演のリハーサル等々、
1年間準備してきた努力の結晶が今日の本番です。
学生時代の本当によい思い出になるだろうなあと思います。
本日マグノリア祭が無事に終わることをお祈りします。                   



ポチっとしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング







女子学院 文化祭 マグノリア祭 2017 その4 生物班

生物班では1日2回、カエルの解剖の実演をします。


マグノリア祭でも生物班の展示部門は何回も来ていますが、生物班のカエルの解剖はまだ見たことありませんでした。
時間がちょうど空いていてしかも比較的空いていたので初めてカエルの解剖実演に参加できました。
ちなみにプチ情報ですが、カエルの解剖は鷗友学園女子中学では全員が授業で行うそうです。


生物室の2か所で行われていて、
私が見たのは中学2年生と3年生が行うカエルの解剖実演でした。


一言「しっかりしてるなあ」という感想でした。
一人がカエルをさばいて一人が説明すのですが、説明はわかりやすく、
何しろ堂々としているのがすごいと思いました。


受験生が最前席でかぶりつくように見ているのですが、
その子たちにもシャシーに入れた内蔵を近くで見せながらわかりやすく解説してくれていました。


女子学院を目指す受験生でしかも最前席にくるような子たちはもともと積極的な子たちで、
色々質問したり、「毛細血管」とか「胆管」とかのこともよく知っていて、
説明しているJG生にも「すごいよく勉強してるね」などと言われていました。


合間にJGの理科の授業についても話をしてくれて、
「実験が多い」「レポートが多い」などの情報には親御さんまでも食い入るように聞いていました。
私には無理だなと思わされるような立派なプレゼンでした。


その他の班や学年・クラスの展示も見ましたが、ディズニーリゾートと同じで、
2日間ですべての展示や公演を観ることは不可能なので、行きたい班の展示や公演をしぼって効率的に
まわらないといけないなと思いました。
                                    


ポチっとしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング







「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

中学受験パパ

  • ライブドアブログ