中学受験 偏差値40台から女子学院逆転合格

偏差値40台から御三家中に逆転合格した体験談を書かせていただきます。 その他現在の学校の様子なども随時記事にしていきます。 中学受験を控えるご家族に何か参考になればうれしいです。

早稲田アカデミー

早稲田アカデミー 夏合宿 その1

早稲田アカデミーの夏合宿 小6 私国立中コースがいよいよ今日から始まります。
四谷大塚の合不合判定テスト結果と早稲田アカデミー夏合宿の関係については下記の記事をご覧くださいませ↓

第2回 合不合判定テスト 7月8日(日)と夏期合宿 四谷大塚


早稲田アカデミーは体育会系の塾であることはご存知の方も多いと思います。


娘も小5、小6と参加しました。
小5の時もですが、やはり今年受験生の小6の夏合宿はめちゃくちゃ熱いそうです。


子どもたちはバスで志賀高原や苗場まで行きます。
到着後、体育館のような場所に集められ開校式をやります。
そこまではバスでみんなで楽しく遠足気分に近い感じでいます。


開校式で注意事項や先生からの熱いメッセージがありだんだんボルテージが上がって行きます。


そして開校式の最後に早稲アカ名物のシュプレヒコールをやります。


「本気で勉強するぞー!」

とか

「最高の合宿にするぞー!」

とかです。


娘から聞いたのですが、
シュプレヒコール担当の先生がまず、

「本気で勉強するぞー!」

と声を出すと、子どもたちはまわりも気になりますし、最初は恥ずかしくて、小さい声で、

「本気で勉強するぞ〜」

と言ったそうです。


その瞬間、横にいた早稲アカの中でも偉い先生が、

「ちょっと待て待てー!」

と割って入り、シュプレヒコール担当の先生に向かって、

「おい◯◯!(←先生の名前)そんな小さな声で本気で勉強できるのかよ!」

と激怒りするそうです。


シュプレヒコール担当の先生が偉い先生に激怒りされているのを見て、子どもたちは震え上がります。


そして次のシュプレヒコールでは、全員、

「本気で勉強するぞー!」


と大声で真剣に叫んだそうです。


早稲アカの先生いわく、
夏合宿は必ず「怒り係」と「怒られ係」の先生がいるそうです。


ある程度、子どもたちを本気モードにさせる演技というかシナリオにはなっているようです。


体育会系のやり方に賛否両論あると思いますが、私たちはこのやり方は好きなのと娘にも合っていたとは思います。


早稲アカの夏合宿動画を観ると今でも涙が出てきます。
今日もena(公立中高一貫校向けの塾)のラベルが付いているリュックを背負って歩いている受験生を見かけましたが、周りの子が遊んでいる中本当にがんばっていて偉いなと思いました。


あと半年ちょっとがんばれば、楽しい中高生活が待っていますので今は大変だけどがんばってほしいと思いました。


ポチをしていただけると励みになります↓


にほんブログ村


中学校受験ランキング

夏期講習が始まりました 早稲田アカデミー

昨日くらいから他塾もそうだと思いますが、早稲田アカデミーでも夏期講習が始まりました。


娘が早稲田アカデミーに通うに至った経緯などは過去の記事をご覧いただければと思います。


小4の夏期講習が娘にとって初めての塾通い。
それまでは公文をやっていましたので、中学受験に向けての塾通いというのが正しいかもしれません。


過去記事のとおり、
偏差値が40台で(算数は30台)ということで、塾の授業についていけるかが心配でした。


早稲田アカデミーの夏期講習というのは1学期学習したことを復習する機会になります。
いくら1学期の復習とはいえ、そもそも学習塾は小学校の授業よりもかなり進んでいますので(例えば小4の1学期に小4の2学期の勉強をしている等)、
娘にとっては未知の分野の勉強でありました。


しかし、予想に反して娘は結構楽しそうに通っていました。
わからない分野であっても先生の教え方が上手なので、授業が楽しかったようです。


そういえば私も浪人時代に経験しました。
「予備校の先生の授業ってわかりやすいし楽しいな」と。
高校の先生の授業はどうしても寝てしまいますが、予備校の授業は1時間半があっと言う間でした。


娘もそんな感じで授業を受けているのだろうなあと思いました。
2学期に問題が起こりますがまずは順調なスタートを切れた夏期講習でした。

中学校受験ランキング
にほんブログ村

NN志望校別コースオープン模試対策について【早稲田アカデミー】 その2

明日、明後日と早稲田アカデミーのNN志望校別コースオープン模試が行われます。

前回の記事↓
NN志望校別コースオープン模試【早稲田アカデミー】


2学期以降に始まるNNクラス入学の合否を決める大切な模試になります。

明日明後日ですので今から対策を打とうとしてもなかなか難しいと思います。

対策としてできることとしては、

①NNアタックに通っていた子であれば、NNアタックのテキストを復習する
②捨てる問題は捨てる


ではないかと思います。


NNアタックのテキストはそのものが予想問題として作られていますので、その復習をするだけでも十分な対策になると思います。


もう一つは明日のテスト本番で、捨てる問題は捨てることなのかと思います。


6年生の親御さんは聞いたことがあると思いますが、だいたいどの学校のテスト問題にも手をつけてはいけないトラップ問題が仕掛けられています。


解こうとするとえらい時間がかかる、また結局解けなかった、結果として他の解ける問題まで手がまわらず解答欄を空欄で出してしまう。
これが1番最悪なパターンです。


まず全体を見渡して解ける問題からどんどん解いていくと大きな事故にはならないと思います。


この暑い中大変ですが、子どもさんと一緒にがんばってください!


中学校受験ランキング にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ
にほんブログ村

芦田愛菜ちゃんと女子学院 慶應義塾中等部

2月に「芦田愛菜ちゃんが受かった学校はどこか!?」と週刊誌やネットで話題になりました。

1月受験校はよくわかりませんが、芦田愛菜ちゃんは、
2月1日 女子学院
2月3日 慶應義塾中等部
を受けて、見事両校とも合格。
この春から慶應義塾中等部に通っていることは週刊誌やネットで報じられています。
ちなみに女子学院の入学金を振込む期限は2月3日なので芦田家は入学金がムダになるのを覚悟の上だったんですね(^^;)


芦田愛菜ちゃんは早稲田アカデミーの女子学院専門クラス「NN女子学院」に通われていたようです。
NN女子学院クラスはテストの結果により6クラスほどに分かれますが、
芦田愛菜ちゃんは一番上のNN女子学院1組に在籍していたようです。
女子学院対策をしていれば慶應義塾対策にもなりますのでそのような作戦だったのだと思います。


週刊誌で芦田愛菜ちゃんが2月1日に塾の先生と握手をしているシーンが激写されていました。
塾の先生の目にモザイクが入っていましたが、「ああNN1組を担当しているあの先生だな」
とすぐにわかりました。
よく週刊誌で目を隠した写真が載っていますが、その人物に関係している人であれば、
目を隠そうが顔を隠そうがバレてしまうのだなと思いました。
悪いことをして週刊誌沙汰にはならないようにしないと、と妙な感想を持ちました。


女子学院と慶應義塾中等部に合格していたのはわかっていましたが、果たしてどちらの学校に通うのかは入学式当日までわかりませんでした。
女子学院の入学式の方が慶應義塾中等部よりも先に行われましたので、
女子学院にいなかった時点で慶應義塾中等部と確定しました。


娘も女子学院入学式に在校生として出ていました。
一年生全員の名前が呼ばれるのですが「あし◯◯」さんという時に在校生たちは少しドキッとしたようです。
「あしだ」さんではなく「あし なんとか」さんだったので、ああ愛菜ちゃんは慶應義塾中等部を選んだんだと思ったそうです。


女子学院は自由な学校ですが、女子学院が行う教育に支障があること(例えば芸能活動で学校を休むなど)は認めないのだと思います。
勝手な想像ですが、中学高校でも芸能活動を続けられる、慶應義塾中等部ならば慶應義塾大学はほぼ確実に入れる(女子学院だとサボったら慶應義塾大学は難しい)、慶應ガールであれば芸能人としてもハクがつくし芸能関係だけでなく様々な進路が選べる、などなどを総合的に勘案して選んだのではないかと思います(何の関係もない一般庶民の完全に勝手な想像です)。


当のJG生たちはというと、やっぱりJG生らしく、
「芦田愛菜ちゃんが入学してこようがこまいが別に変わりはない」
といった感じで、
「芦田愛菜ちゃんが来たら目立ったのに」とか「生芦田愛菜ちゃんと話がしたかった」みたいなミーハーな意見はまったくありません。


キリスト教に基づく「生徒一人一人をかけがえのない人格として受け止める」という教えであったり、
もともと個性が強い子が多い関係からか、
「人は人」「芦田愛菜ちゃんには愛菜ちゃんの生き方がある」
みたいな感じで芦田愛菜ちゃんの人生の選択を尊重しているのではと思います。


親としては慶應義塾中等部へ入学してもらってよかったかなと思っています。
学校の周りをマスコミがうろつくのは生徒にとって何のメリットもありませんし、ザワザワして勉強や部活に支障をきたしてほしくはありませんので。


早稲田アカデミーは芦田愛菜ちゃんが通ってくれてよかったのでしょうね。
早速今年の早稲アカのイメージタレントとして起用しています。


マスコミの雑音は気にせず、JG生も慶應義塾中等部生も楽しく学校生活を送ってもらいたいです。



中学校受験ランキング
にほんブログ村

塾選び その3 早稲田アカデミー

小4の6月から塾探しをし始めた私たちはサピックスの次に早稲田アカデミーへ行きました。
それまでの流れは、その1、その2をご覧いただければと思います。

塾選び その1 サピックス 日能研 四谷大塚 早稲田アカデミーなど

塾選び その2 サピックス


早稲田アカデミーは四谷大塚準拠塾ですので、テキストは四谷大塚の「予習シリーズ」を使用し、
テストは「全国統一小学生テスト」や「組分けテスト」や「合不合判定テスト」を受けることになります。
力試しに受けて衝撃の結果が出たことに関しては下の記事をご覧いただければと思います。

衝撃の結果 小4 はじめての全国統一小学生テスト


早稲田アカデミーのその校舎はそれほど人数の多くない校舎で、直接校長先生との面談でした。
校舎の合格実績では、御三家中合格者が男女1名ずついました。
妻が早稲アカは「体育会系」だということはどこかで聞いてきていましたし、
サピックスの先生も「早稲アカさんはハチマキを締めたり生徒を立たせたりする体育会系ですね」とも言っていたのでちょっと緊張していました。
校舎に入るとスタッフさんや先生たちがでっかい声で「こんにちは!」と出迎えてくれました。
後々わかりましたが、早稲アカの先生は授業に行くときもでっかい声で「授業に行ってきます!」と言って出ていきます。


さて面談。
全国統一小学生テストの結果をおさらいしますと、

【偏差値】
算数    35.9
国語    49.7
2教科  43.4

【順位】
算数   約22,360位/24,572人
国語   約13,520位/24,566人

であったわけですが、
校長先生は、
「算数がまだこれからですけど国語はよく理解できています」
とのこと。


偏差値50に届いていないのに?と思いました。
続けて、
「算数も結局はどんな問題なのかを読み解かなくてはいけませんので国語の力が大事なんです」


なるほど、娘は公文をやっていましたので、それで国語が少しは理解できているのかなと思いました。
その当時は四谷大塚の日程別偏差値表などは見たこともありませんでしたが、
御三家と呼ばれる学校はたぶん偏差値70くらいなんだろうなとは想像していました。


結構私は「ダメもと」とか「言うのはタダ」という言葉が好きなので、この時も2教科偏差値43.4にも関わらず校長先生に、
「せっかく塾に入れるのであればあんまり偏差値が下の学校に入れるのは意味がないと思うんですよね」
などと言っていました。
おいおい、そのテスト結果でよく言うなという感じです。


「私がMARCHで苦労してきたのでMARCHはちょっと」
などとも発言してしまう暴挙。

苦労話についてはこちらの記事です↓
中学受験をさせようとした理由 その1 辛かった就職活動


最終的には、
「難関校メインのサピックスと迷っているんです」
ととどめというか、ほぼ自爆テロと思えるかのようなまったく娘の成績を棚の奥に上げた発言を繰り広げました。


校長先生は、早稲アカについて、
・1クラス10名くらいの少人数
・私語のない緊張感のある授業
という特徴などを説明してくれました。


校長先生の説明で心打たれたのは、

「早稲アカは本気でやる子を育てます。最初からとびきり優秀な子が入ってくる塾ではありません。サピックスさんなどに入れなかった、入ったけど上のクラスに上がれずに結局辞めてきた、でも本気でがんばりたいという子を手塩にかけて育て他塾の優秀な子たちと戦えるようにもっていきます」

「何も有名中に入り、有名大学に入ることが目的ではありません。お子さんが大学卒業後の自分の人生の中で何か辛いことが起こっても、あの時にがんばったんだから今もがんばれるというような生きていく力を中学受験で身につけるのです」

という話でした。


早稲アカという塾はハチマキを締めたり「暑苦しい」ということは少し聞いて知っていましたし、
その後通わせるようになってから完全にそうだと理解したのですが、
まさにこの校長先生もかなり暑苦しくて、結局1時間半も面談をしていました。
まだ塾に入るかわからない親に対してここまで真剣に話をしてくれたことに感動しました。


最後のほうに、校長先生は、
「うち(早稲アカ)で成績が上がってもう一人もライバルがいなくなったらサピックスさんを検討してもよいのではないでしょうか」
と背中を押してくれました。


・1時間半も熱く語ってくれる先生がいたこと
・うちの娘がサピックスの教材を整理して自発的にやるとは思えないこと
・すぐ力を抜く癖があること
などからうちにとっては体育会系の早稲アカがいいのではないかということになり、
小4の夏期講習から早稲田アカデミーに入塾するということになったのでした。


上記と繰り返しになりますが、関連記事を記載させていただきます。

塾選び その1 サピックス 日能研 四谷大塚 早稲田アカデミーなど

塾選び その2 サピックス

衝撃の結果 小4 はじめての全国統一小学生テスト

中学受験をさせようとした理由 その1 辛かった就職活動

中学校受験ランキング
にほんブログ村
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

中学受験パパ

  • ライブドアブログ